税務コンサルティング部 部長 郭 芳(GUO Fang)

「私が貢献できることは何か」
税務関係全般が守備範囲、
常に研究し続けていく姿勢で

上海華鐘投資コンサルティング有限会社
税務コンサルティング部 部長

郭 芳GUO Fang

2003年1月入社

主な経歴

上海財経大学経済学修士
中国公認会計士(CPA)、中国公認税理士(CTA)、英国勅許管理会計士(CIMA)
上海華鐘コンサルティング有限会社 企業管理部部長、税務コンサルティング部部長等を歴任

先日2019年9月12日、税務を主題としたセミナーを開催しました。今回の講師は、税務コンサルティング部 部長の郭さん。閉会直後にインタビューしました。

本日は税務セミナーの講師、お疲れさまでした。今回のセミナーはどのような趣旨で開催されたのですか?

今回のセミナーは、私たち税務コンサルティング部が企画し、開催しました。税務は、問題が発生したときに是正するということはもちろんですが、常日頃から適切に処理し、問題の発生を防ぐことも大切です。
また、税の課され方を理解して、業務のスキーム等を構築していくことも重要となります。

このような理由から、今回は税務の担当者レベルの方ではなく、総経理等の会社経営者の方を対象としました。内容も、理論より実例のご紹介をメインに行いました。これからもこういった機会を設けて、より税務を身近に感じていただければと考えています。

普段はどのような業務を担当しているのですか?

税務顧問での日常業務や、M&A・企業再編におけるスキーム構築、税務デューデリジェンス(DD)、そして国際税務等の分野でソリューションをご提供しています。文字どおり、税務関係のコンサルティング全般を守備範囲にしている部署ですね。
実は、今年(2019年)4月に、それまで税務・会計を扱っていた「企業管理部」を分割してできたんです。現在、私は部署の責任者として、7名のメンバーをまとめています。

経歴欄に書かれていますが、税務や会計に関する様々な資格を取得していますね。

コンサルティングは、必ずしも資格がなければできない仕事というわけではないです。しかし華鐘コンサルティング入社後に、自分の実力や知識量を客観的に示した方が、クライアントと自分、その両方にとって良いのではと考え、各種資格を取得しました。

現在持っているのは、中国のものでは公認会計士(CPA)や公認税理士(CTA)です。そのほかにも、イギリスの公認会計士資格の1つで、管理会計に特化している英国勅許管理会計士(CIMA)のタイトルも保有しています。

これらの資格取得準備の過程で理論的な分野を体系的に学ぶことができ、今のコンサルティングの仕事でも生かせていると思います。

これからの仕事の中で、特に気をつけていきたいこと等を教えて下さい。

理論と実践の両面に配慮し、クライアントのニーズに合うご提案やアドバイスができるよう、心がけていきたいです。

理論という意味では、中国の税制度は変化していくスピードが早く、常に新たな情報を収集してアップデートし、研究し続けていくことが必要となります。
そして一方で、クライアントが実際に遭遇された個々のケースにしっかりと向き合って、「本当に役に立つ現実的なソリューションとは何か」、「私が貢献できることは何か」、ということを意識してコンサルティングに取り組んでいきたいと考えています。