丸三愛食品商貿(上海)有限公司

いつまでも中国市場にいてほしい
華鐘は大きな安心をくれる

丸三愛食品商貿(上海)有限公司

総経理
磯村光洋

  • 会社名

    丸三愛食品商貿(上海)有限公司

  • 創業

    2012年3月

  • 事業概要

    加工食品、食品原料、食品包装資材、食品加工用設備の卸売り、輸出入及びその他の関連業務

  • HP

    https://www.marusanai.co.jp/

マルサンアイ 丸三愛食品商貿(上海)有限公司の事業内容

業界の先駆者として、技術を最大限に活かした商品開発力と消費者のニーズを取り入れる柔軟性とで、常に時流に乗った製品をラインナップ。
もともとは味噌の製造がメインでしたが、のちに手掛けるようになった豆乳が今では主力商品に。
『健康で明るい生活へのお手伝い』を企業理念として、たくさんの家庭に自然の恵みからのおいしさと健康を届けられています。

今回は丸三愛食品商貿(上海)有限公司総経理の磯村光洋様に華鐘コンサルタントグループとの関係についてお話を伺いました。

事業内容について

日本では豆乳関連製品と味噌関連製品の製造・販売業務をメインとしていますが、中国では現地企業との合弁会社を設立し、主に味噌製品の製造および中国国内での販売、そして他国への輸出などを手掛けています。また、その他にも日本で製造された豆乳製品を中国へ輸入し、健康志向の消費者などをターゲットとして販売しています。

華鐘コンサルタントグループを選んだきっかけ

十数年前『中国で自社製品を売ろう!』と立ち上がった、まだ現地法人を立ち上げていない時分から、華鐘コンサルタントグループの名前は多方面より聞いていました。
実際、取引先や同業である食品業界の企業の中にも、既に華鐘コンサルタントグループの会員となっている企業が数多くありました。何社からも推薦を受けたコンサルタント会社なので、安心して入会できましたね。

なぜ華鐘に依頼するのか

総合コンサルタント会社であるため、ビジネス上で発生する問題について何でも相談できることが最大の理由です。
以前、自社の財務システムを刷新する必要があった際、中国で一番有名な財務システム・用友を導入しようということになりました。
丁度、華鐘コンサルタントグループは日系唯一の正規代理店であったので、新たにIT会社を探して自社の財務状況を一から説明し直す必要もなく、スムーズに移行できました。

今後華鐘に期待することは

中国市場で展開して行きますと、やはり難しい局面にも遭遇します。
そんなときに、華鐘コンサルタントグループに相談できる環境にあることは、大きな安心に繋がります。
様々な問題を解決するための大きなソリューションとして、いつまでも華鐘コンサルタントグループが中国市場にいてくれること、それだけを期待しています。